アライアンスニュースとは

提携(アライアンス)の定義

『複数の企業が互いに持つ経営資源を持ち合い新たな価値を創造し、お互いに企業価値を高めること。ただし、恒久的な提携の継続を保障することは出来ない。』

提携の種類

【業務提携】

  • 技術提携:商品・サービス等の機能面を高めることを目的とする提携
  • 販売提携:商品・サービス等の販路拡大を目的とする提携(FC、販売代理店等)

【資本提携】

  • 資本提携:資本関係を有する提携
  • JV(ジョイントベンチャー):パートナー企業同士が事業運営を目的とする企業に出資仕合う形態。
  • 合併:複数の企業が一つの企業にまとまること。1社が存続会社となり、その他の会社が吸収される吸収合併と、新しい会社を設立して新会社に統合する新設合併がある。
    出資比率100% 完全子会社
    出資比率3分の2以上 特別決議(定款変更、取締役の選任・解任、監査役の選任・解任、株主総会の特殊決議、株主総会の特別決議を単独採決)
    出資比率51%以上 株主総会の議決権(取締役の選任・解任、監査役の選任、計算書類の承認)
    株主総会の普通決議を単独採決
    出資比率 3分の1以上 拒否権
    出資比率15% 持分法適用会社(経営に対して重要な影響がある場合。役員の派遣等)
    出資比率3%以上 株主総会招集権、会計帳簿閲覧権
    出資比率1%以上 株主総会における株主提案権

【その他】

  • 協賛等:イベント等に金銭や商品・サービス等を提供し、支援する提携

アライアンスニュースのコンセプト

アライアンスニュースは、企業間の提携パートナー募集に特化した新しいニュースリリース配信サービスです。 長年に渡って企業のビジネスマッチング、アライアンスコンサルティング、プレスリリースの配信に携わって きたノウハウを凝縮しています。経済に閉塞感が漂う昨今ですが、このサービスから多くの 企業間提携が生まれ、皆様の企業価値向上に繋がることを願っています。

配信先(2010年3月31日現在)

  • インターネットのビジネス系ニュースメディア 提携サイト数15
  • 事前登録している企業 30社
    (提携の種類・業種・エリアなど、受信希望情報を登録)

アライアンスニュース利用の効果

1、WEBマーケティングとしての効果
インターネット上のビジネス系ニュースメディアに掲載されることでSEO対策になります。

2、事業責任者へダイレクトアプローチ
企業経営者、役員など、事前登録している事業責任者へ直接ニュースを送ります。業界を絞った配信もできるので、関係の深い受け手へ御社の情報をお届けします。



アライアンスガイド

アライアンスを失敗させないためのチェックポイント

【各種提携の特徴を理解しているか?】

  • 業務提携:親密度が弱い、期間は限定的
  • 資本提携:親密度が強い、期間は長期的

【アライアンスの可能性を検証したか?】

  • 自社で解決できない課題か?
  • 短期的・長期的・長期的な視点で考えているか?
  • 収益は上がるのか?
  • 今やらなければならないのか?
  • 競合他社はどうか?
  • リスク < リターンになっているか?

【アライアンスの形態を検討したか?】

  • 提携の方法は決まっているか?
    (『資本関係なし』技術・開発・生産・販売・物流・仕入れ 等々
    『資本関係あり』 親密度順 M&A(合併・買収)⇒資本参加(マジョリティ・マイノリティ) ⇒ジョイントベンチャー)

【自社経営資源をチェックしたか?】

  • SWOT分析を行ったか?
  • アライアンスで補完できるのか?
  • 強み弱みを分析できているか? (商品・サービス力・技術力・営業力・ノウハウ・人材・資金・立地)

【提携スキームを考えたか?】

  • 出来るだけシンプルに構築しているか?
  • 短期・中期・長期のビジョンは概略で考えているか?
  • 徐々に進化するプランになっているか?
  • 自社とパートナーのポジションは明確になっているか?
  • ゴール(最終完成形)はイメージできているか?

【外部環境をチェックしたか?】

  • 競合の分析は出来ているか?
  • 市場は分析できているか?
  • 具体的な顧客像が描けているか?

【責任者を選定したか?】

  • 企画・行動力のある人材を選んでいるか?
  • 地道に粘り強く改善を繰り返す人材を選んでいるか?
  • 社内的にコンセンサスを得られる人材を選んでいるか?

【事業計画は作成したか?】

  • 収益シミュレーションはワースト・標準・ベストケースで作成されているか?
  • 短期・中期・長期の事業展開が明記されているか?
  • リスクと解決方法が明記されているか?

【パートナー像を検討したか?】

  • パートナー企業の具体像はあるか?
  • シナジーを考えているか?
  • パートナーのメリットを考えているか?

【パートナーへの提案書は用意したか?】

  • 図解を用いて分かりやすい全体像が描けているか?
  • 自社のメリットは何なのか明記されているか?
  • パートナーのメリットは明記されているか?
  • 双方の収益の配分は明記されているか?
  • 双方の人的・費用負担は明記されているか?
  • スケジュールは明記されているか?
  • リスクが明記されているか?

【パートナーの募集要項は何か?】

  • 困っている会社ばかりが集まらないか?
  • 規模の違う数社のパートナーを募集しているか?
  • お互いのゴールが何か認識できているか?

【契約書の作成・締結はしたか?】

  • 期間はいつまでなのか?
  • 契約の延長条件は?
  • 双方の費用負担が明記されているか?
  • 収益の配分は明記されているか?
  • 責任の所在を明記しているか?
  • 想定されるリスクは網羅されているか?
  • 想定されるリスクに対する対処法が明記されているか?

【進捗管理をしているか?】

  • PDCAのサイクルは機能しているか?
  • 小さな成功事例の積み重ねがあるのか?
  • 現場レベルで双方の意思疎通が出来ているか?

【EXITを考えているか?】

  • 撤退はいつなのか?
  • 撤退する条件とはなにか?
  • 契約を解除する上での問題点はなにか?
  • 資本提携は考えられるのか?